PROFILE

koh_prof 氏 名 田中 甲 (たなか こう)
生年月日 1957年1月8日
趣 味 掃除、 ヨット
尊敬する人 マハトマ・ガンジー
好きな食べ物 パンケーキ、 ナマコ酢
座右の銘 一身二生 小身大志
1957年 千葉県市川市に生まれる。

日の出学園小学校から立教中・高・大に進む

1980年 立教大学社会学部卒業
在学中、牛窪ゼミでリーダーシップを学び、ヨット同好会ブルーウォーターセーリングクラブを設立
1987年 29歳から市川市議会議員を務め、その後駅頭・街頭演説を2,000回以上続ける。
1990年 千葉県議会議員 警察・企業常任委員長
1993年
~2003年
衆議院議員 新党さきがけ広報局長 民主党広報局長・副幹事長
政権奪取運動委員会委員長として民主党初の全国遊説を行う。
7回の選挙のうち5回がトップ当選を果たすなど、
市民の中に政治を理解してもらうための活動を続ける。政治理念は、セーフティーネットの充実を掲げ 「政治とは命を守ること」と訴える。
政治姿勢は業界・団体・労働組合等の献金・推薦を受けない市民参加のボランティア選挙を続ける。
国会における政務活動では、超党派で議員連合を創り与野党を超えて必要な法案を作成し提出。
そして可決までの新しい取り組みを成功させる。
児童虐待防止法 風俗営業法の改正法 ストーキング防止法
その他法案の作成としては、恒久平和調査局設置法案 18歳選挙権の設置法案等がある。
南太平洋で行われたフランスの核実験再開にヨットで抗議する。46歳で議員活動を離れ、ワシントンD.CのLeadership Instituteに留学。
2005年 時代を担う若いリーダーの育成を行うLeadership Institute Japanを設立。
2007年 統一地方戦では『子どもにツケを回さない』自治体再生プロジェクトを展開。
41名の地方議会議員を誕生させる。
2008年 駅頭・街頭活動を再開
2009年 次期衆議院選挙への出馬を表明する。
出馬に至った経緯はこちらの次期衆議院選挙出馬表明記者会見要旨をご覧下さい。
2009年 結党後2ヶ月の選挙にもかかわらず南関東ブロックの次点まで追い上げる。
2012年 12月 「日本維新の会」の要請を受け第46回衆議院議員総選挙に比例単独候補者として立候補